[3.11]振り返る8年前のあの日の記憶と忘れられない仙台の風景

 

こんにちは、たまです。

 

今日はあの大地震と津波があった日から8年
今でも思い返すとザワザワするあの気持ち。
皆さんはあの時どこにいましたか?

 

今日はいつもとは違う感じですが
8年前の振り返りをしてみようと思います。

 

そして私が撮った写真の一部も載せます。
今までずっとPCに入れたままでした。
載せていいものなのかも分からず。

 

それでは書いていきます。

2011年3月11日

 

当時は東京のオフィスで働いていました。
午後にあんな事が起きるともおもわず。

 

地震発生

高い建物で働いていたので揺れも強く
まるで船に乗っているかのような感じで
大きくゆっくり円を描き揺れ続けるビル

 

そのうち折れてしまうんじゃないか・・
そんな不安にかられながらも
揺れが止まるたびに時間内に終わらせなきゃいけない
発送業務をなんとかこなそうと必死でした。

 

日本人っていい意味でも、悪い意味でも
すごいな・・・・って思った瞬間です。

 

デスクの缶コーヒーが倒れていても
今まで経験した事のない大きな揺れがきても
緊急地震速報の嵐と恐怖の狭間でも
一体何がどうなってるのかも分からない状況で
それでもなお普通に仕事をしようとする姿勢
勤勉で凄い、けどヤバイ。

 

10階以上に居たので
このまま止まればいいのか
はたまた外に出た方が安全なのか?

 

ビルの倒壊は平気なのか?という不安と
外に出てもそこはオフィス街。
落ちてきたら危ないものばかりという不安。

 

みんな混乱して外に出る人
止まる人、階段を行ったり来たり。
ビルから外を見れば遠くの方から煙が。
お台場から煙が出ていました。

 

当時はワンセグだったのかな??
スマホあったっけ・・?
それでもまだ情報はあんまり入って来なくて。
とりあえず大変な事が起きた!!それだけは確か。

 

しばらくしてから携帯に流れた映像は
目を疑うもの光景でしたね。

 

防波堤を乗り越えてくる波
小さな画面の中で流されてる
これはまさか・・・・車???!

 

すっごく怖かった。
どうにもできないけどどうしよう!!って。

 

そしてその場所が東北・宮城だった事で
ますます不安な気持ちになりました。
祖父母の家が仙台だったので。

会社に泊まるか歩いて帰るか

 

もちろん交通網は全滅。
電話もなかなか通じない。

 

家族は大丈夫だったか?
仙台にいる親戚は安全なのか?

普段当たり前にできてる事が
できなくなる不便さを痛感しました。

 

会社に泊まると決めた人達が
コンビニに買い出しに行くと
もう既に水や食べ物は品薄状態になり
見えない恐怖にずっとドキドキしてしましたね。

 

そんな中、彼とようやく連絡が着きました。
歩いて帰っている途中という事。
もうすぐ私の会社の近くに着くという事。
危ないから会社に泊まってもいいけど
歩いて帰るなら迎えに寄るという事。

 

また大きな地震がくるかもしれない
自分や大切な人の身に何か起こるかもしれない
私は一緒に歩いて帰る選択をしました。

 

7〜8時間かけて歩いて無事帰りました。

 

忘れられない仙台の風景

 

実際に体験したプチ被災はまた別の記事で書きます。
ここからはゴールデンウィークに
仙台に帰って見た風景や気持ちです。

 

ゴールデンウィークに仙台へ

 

新幹線が止まっていたりで直ぐに行くこともできず
ゴールデンウィークに入って直ぐ向かいました。

 

幸い、祖父母のうちは床下浸水で済みました。
うちに向かうまでの風景がもう何もなくて。
ああ、本当に起こった事なんだと実感。

 

 

テレビで見ていたけど
画面を通して見るのと実際に見るのでは
衝撃が全然違ったのをよく覚えています。

 

車が無残に何台も転がっている。
前はここになのがあったのかも思い出せないくらい
何もなくなっていました。

 

 

 

祖父母宅の裏のお堀に流れ着いた車や
田んぼの中に突如現れる冷蔵庫

 

どれも非日常的でそれがとても怖い。

 

この辺りは一体田んぼでしたが
流れ着いたヘドロが乾いてカピカピになり
それを取り除く作業がとっても大変でした。

 

ゴールデンウィークはずっと滞在し
できる限りの作業をと思い
必死で田んぼや畑を綺麗にしました。

 

そんな作業中に畑で見つけたのは元気に咲く花

 

 

この先どうなるんだろうという不安の中
こんな環境の悪い状況でも
元気に力強く咲く花に勇気付けられ
とっても救われた気持ちになりました。

 

8年経って

 

皆さんの思いはどうでしょう?
私は8年も経ったなんて信じられない。
まだまだ最近の出来事に感じます。

 

復興が進んでる場所もあれば
更地のままの場所も多く

 

まだ仮設で生活している人もいますね。
まだまだ私たちにできる支援を続けて行かなきゃ
そんな思いを改めて感じました。

 

次から次へと日本を襲う災害。
いつも心の準備と、必要な備えを忘れずに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です